skip to Main Content
Architecture, urban planning and research in, on and next to water
+31 70 39 44 234     info@waterstudio.nl
Tecture Mag – Arkup

Tecture Mag – Arkup

By Antony Funell
Tecture Mag
2022.Jan.28

水上に浮き気候変動に対応する家

ジャッキアップ技術を組み合わせたフローティングヴィラ〈Arkup〉

CULTURE2022.01.28

Arkup / Waterstudio.NL

Arkup / Waterstudio.NL

さまざまなフローティングアーキテクチャを手がけるオランダの設計事務所Waterstudio.NLのケーン・オルトゥイス(Koen Olthuis)とディベロッパーであるダッチ・ドックランズ(Dutch Docklands)が、ジャッキアップ技術を活用したフローティングヴィラ〈Arkup〉を発表しました。

Arkup / Waterstudio.NL

Arkup / Waterstudio.NL

フローティングアーキテクチャの重要性

貿易の利便性から世界の大都市の約90%が沿岸部に位置しています。そして沿岸部は地球の地表面積のうち2%ほどにもかかわらず、世界人口の約10%が居住しており、今後も増加し、2050年には14億人に達すると見込まれています。

Arkup / Waterstudio.NL

一方、気候変動の影響から水害の規模と頻度は年々増加傾向しており、2050年には海面が50cm上昇し8億人が影響を受けると予測されています。

海面上昇に対応したウォーターフロント開発や、水上に浮かせることで海面上昇に対応する「フローティングプロジェクト」が求められています。

Arkup / Waterstudio.NL

Arkup / Waterstudio.NL

海面から「浮く」フローティングヴィラ

Waterstudio.NLが設計した〈Arkup〉は、浮体式基礎と水上ジャッキアップ技術を組み合わせた次世代のフローティングアーキテクチャです。

Arkup / Waterstudio.NL

暴風雨の際には、浮体式建物を水面から3m以上持ち上げることで、激しい波の影響を受けないようにすることができます。この安定性の向上により、マンションや高層ビルなどの大規模なフローティングストラクチャの建設が可能になります。

Arkup / Waterstudio.NL

Arkup / Waterstudio.NL

水とともに暮らす「ブルーシティ」

Waterstudio.NLのケーン・オルトゥイス(Koen Olthuis)は次のように主張します。
「世界で進む都市化と気候変動は、都市における居住性に影響を与えています。水と戦うのではなく、水とともに暮らす都市『ブルーシティ』となることで、パフォーマンスの高い都市となるでしょう。」

Arkup / Waterstudio.NL

世界で進化を続けるフローティングアーキテクチャ、海に囲まれる日本だからこそ注目していきたいですね!

Arkup / Waterstudio.NL

Arkup / Waterstudio.NL

Arkup / Waterstudio.NL

Arkup / Waterstudio.NL

Arkup / Waterstudio.NL

以下は、Waterstudio.NLのリリース(英文)です。

Floating architecture is on the move. Designs are getting more luxurious and quality is rising but more important the technology taking a leap.

With the completion of the Miami based Arkup portable hurricane proof villa designed by Koen Olthuis of Waterstudio a new generation of floating buildings has emerged. The evolution of floating villas has resulted in a hybrid solution that combines the flexibility of the floating foundation with the stability of offshore jack-up technology. During storms the floating building can be lifted up more than 10ft above water level out of reach of the heavy waves. This upgrade of stability performance unlocks opportunities for large scale floating structures as condominiums and floating high rise which will benefit from the additional support of the lowered spuds.

New larger urban components will accelerate the Rise of the Blue city.

Urbanization and the effects of climate change put pressure on livability in big cities. “Rise of the blue city” argues that Cities that are threatened by water today will be the best performing cities of tomorrow if they start using the water to achieve a higher flexibility and shorter response time. Stop building for today’s demands, start building for change!

Back To Top
×Close search
Search